小顔になりたい
  • エラが張っている場合
  • たるんでいる場合
  • プチ整形で小顔になる

日常生活を改善する

朝目覚めた時、鏡を見てみると自分の顔が大きくなったように感じるという経験をした人は少なくありません。
一日で顔が大きくなるということに考えられる主な症例は「むくみ」です。
不規則な食生活や、寝る前に飲酒をした、便秘などの理由から体や顔がむくみ、顔が大きく見えてしまうのです。
女性の場合は月経前や生理不順などの理由から顔が浮腫むこともあります。
つまり、これらの原因を改善すれば、むくみが取れ、スッキリとしたシャープな小顔になることができると考えられます。

体にはあまりむくみや脂肪が増えたようには感じないのに、顔には違いがはっきり出たという場合、水分代謝トラブルが挙げられます。
血液を綺麗にすることで血行が促進され、浮腫みにくい顔になり、小顔効果が得ることができます。
また、その他にも顔痩せし、小顔になる方法はいくつかあります。

過度な塩分量を摂取すると浮腫んでしまうため、食事の味付けは薄くすると良いです。濃い味付けは、水分の排出が上手くいかず、塩分を貯めこみ、浮腫んでしまう可能性が高くなります。
また、高カロリーになり、脂肪が付きやすくなってしまうため、味付けは薄味を基本とし意識することで改善できます。
食事の際、しっかり噛むことで顎の筋肉を鍛え、顔周りをスッキリさせることができます。二重あごの改善は小顔になる近道です。さらに、しっかり噛むことで満腹中枢が刺激され、ダイエットにも効果的です。
柔らかいものしか食べない方は、硬いものを時間を掛けてゆっくり噛むようにしましょう。

砂糖が多く含まれたジュースや清涼飲料水は摂り過ぎるとむくみの原因になります。普段あまりお酒を飲まなくてもこれらのものをよく飲む人は注意が必要です。
飲酒は水分代謝トラブルを引き起こす代表的な原因です。過度なアルコール摂取は健康にも被害を及ぼすため、適量に控えることで小顔効果のみならず、体内から健康になることができます。
翌日、大事なデートがあるときや人と会うときなど、イベントが控えている場合は、飲酒を控えるようにすると良いです。また飲酒直後に就寝しないように、就寝までしばらく時間を空けるなどの方法も良いです。

便秘症の方は、食物繊維を意識して摂取すると良いです。食事などから便秘を改善する方法もありますが、姿勢を意識し筋肉を鍛え腸の動きを活発にする方法や、運動により便秘を改善する方法もあります。
姿勢が悪いと腹筋が弱まり、腸の動きが鈍くなります。そのため、意識して姿勢を正すと良いです。
また、体の歪みなどから便秘だという方は、整体を受けると良いです。
整体を受けることで骨盤や内臓が正しい位置に戻り、老廃物の排出がスムーズになります。代謝も上がり、水分代謝もよくなり、むくみにくい体や顔になり、小顔を手に入れることができます。

血液の循環が悪いという人は、一日数分間逆立ちをすると良いです。頭が上にあることで、普段の姿勢を逆さまにし、血液が全身に回ります。また、日常生活で垂れ下がった頬の肉などリフトアップすることもできます。
逆立ちが苦手な方や腕の力で支えられない方は壁を支えに足をあげる方法を取ると良いです。就寝前や起きた時、たった数分心掛けるだけでむくみが解消でき、小顔効果が得られます。

野菜やフルーツを入れ、食物繊維やビタミンを多く摂取することができるドリンクを自家製で作る人もいます。小顔になりたいと日々努力しているのは男性でも今は珍しくありません。小顔になるために手術を受けることも今では広く一般的になってきました。手術と併せて日常から小顔を意識した生活を取り入れることで、より高い効果を期待できます。
小顔になりたいと考えている人は、一度、生活習慣を見直してみることをおすすめします。それら症状に当てはまらない場合や生活習慣では改善できない場合、すぐに効果が欲しい場合は美容整形外科で診てもらうと良いです。