エラが張っている場合

エラが張っており、顔が大きく見えてしまうという方は、「ボツリヌス・トキシン」という方法のプチ整形がおすすめです。
ボツリヌス・トキシンとは筋肉の収縮を弱める効果があるたんぱく質の一種です。大きく発達したエラの筋肉を萎縮させ小顔効果が得られます。
注射による手術方法なので、メスを使いません。皮膚を切る、縫うなどの心配がないため、日帰りで行えます。
また、受けたその日にメイクをしたり、入浴したり、スポーツをしたりなど、そのまま外出することも可能です。

ボツリヌス・トキシンの注射は、繰り返し受けることでより効果を発揮します。
さらに、数回受けることで効果が持続し、永遠の小顔美人になることができます。
その際、注意事項を正しく理解し用法と容量を守ることが大切です。
男女ともに、およそ2~3ヶ月は避妊する必要があります。そのため、妊娠中の女性は受けられない可能性があります。

徐々に効果が現れるため、自然と痩せたように小顔になることができます。
小顔になることで、今まで自分に自身を持てなかった人でも笑顔を取り戻すことができ、前を向いて歩くことができます。
いきなり顔が変わったということがないため、周りに整形を気づかれることがありません。
そのため、悪い噂などがたつ心配もなく、いきいきとした毎日になります。

エラの張りは主に硬いものやガムなどを日頃からよく噛む習慣や、噛み合わせなどが原因です。
日常から意識していればエラの筋肉が萎縮し、まれに小顔になることもありますが、遺伝子の場合や、戻らない場合は美容整形外科を診療する方法を取ると良いです。
日常で意識しても戻らない場合も多くあります。ひとりで悩まずに、病院で簡単に治し、小顔美人になったほうが得策だと言えます。